乱暴、強要禁物、何もいい事ないよ、もう辞めよう

ボクが中学校の時の事で、只今思えば大反省してある、ごめんなさい。一年生の時一おんなじ部門になった女性の事業、最初はボクと良くメッセージをしたり学校を言いつけあったりしていたのですが、何だか廻りの婦人らが喋っているだけでざわつく様になりました。その時は全然何が何だか分からず無視していたのですが、日に日に、ダディもざわつき出しました、ボクは部門ではトップのお客様だったので誰も何も言ってこなかったのですが、その女性が全部門皆さんに嫌われていらっしゃる事を分かり、ビックリしました、とてもいい人で何故という気分でした。ひと月期が止める位は、もうキショイとか汚いとかで誰も口を聞くどころかパスでした。私も何故だと思いながら段々無視するようになってしまいました、私もパス罹るのが怖かったのだろうと思います。心の中ではごめんと思いつつも、見ていてもとても可哀そうでした。結果三通年続き卒業しましたが、只今会えたら心からすまん、を言いたいだ。

続きを読む

友達への特典にテラリウムを作りました。

以前、御菓子を頂いた謝意として、仲間にテラリウムを作りました。
その仲間に会うことを同僚と真に会う前日にわかり、
そのきのうが終了銭湯を乗り過ごして帰宅するほど、
帰宅した期間が遅かったので、大慌てで作りました。
でも、やっと謝意が出来たし、同僚も喜んでくれたので良かったです。
受け取ってくれたときに「純化やしだ」と言って喜んでくれたので嬉しかったです。
前日に頑張って作ったかいがありました。
異性なのですが、巧みで、優しくて、
本当によくして貰っている同僚なので喜んで貰えて良かったし、
久々に再会出来て良かったです。
テラリウムって、あまり知られていないので、
育て方もペーパーに書いて一緒に渡して置きました。
大切に育てて貰えると嬉しいです。
もうすぐ、同僚によるミュージカルのゲームがあるのですが、
そのときは、いかなるインサートを持って行こうか、
まだ数ヶ月も先の話ですが、今から考えておきたいと思います。
ゲームまで、大変だろうけれども、
気持ちいいでゲームが迎えられる店祈ってます。

続きを読む

友達へのサービスにテラリウムを作りました。

この間、御菓子を頂いた謝辞として、仲間にテラリウムを作りました。
その仲間に巡り合うことを相棒と本当に逢う前日に分かり、
そのきのうが最後風呂を乗り過ごして帰宅するほど、
帰宅したタームが遅かったので、大慌てで作りました。
でも、やっと謝辞が出来たし、相棒も喜んでくれたので良かったです。
受け取ってくれたときに「洗浄やしだ」と言って喜んでくれたので嬉しかったです。
前日に頑張って作ったかいがありました。
色恋なのですが、巧みで、優しくて、
本当によくして貰っている相棒なので喜んで貰えて良かったし、
久々に再会出来て良かったです。
テラリウムって、あまり知られていないので、
育て方も用紙に書いて一緒に渡して置きました。
大切に育てて貰えると嬉しいです。
もうすぐ、相棒によるミュージカルの本番があるのですが、
そのときは、如何なるインサートを持って行こうか、
まだ数ヶ月も先の話ですが、今から考えておきたいと思います。
本番まで、マジだろうけれども、
清々しいで本番が迎えられるところ祈ってます。

続きを読む

問題パーソンをからかうという実施は人としてお粗末

まだ昔の部分、近くに今にも壊れそうな家で靴やちゃんを通していたオジサンが居たのですが、見るからにビンボーですなと感じる家で、舞台ときの中にも靴が4,5仕事場しかなく、良くやっていけるなとおもう店舗でした。マミーが亡くなった後はお姉ちゃんが根こそぎやっていた様に覚えています。今思えばそっちのオジサンは車椅子で徒歩が悪かったのでしょう、ボクが間近と外側で遊んでいる時は必ず、そっちの前部を通りました、何者からというラクラク、その家庭の前部でやれびっことかビンボーとか大声を出しながら立ち去るのでした。昔、今思えば本当に悪いとは思っていなくて何でこんな事をしていたんだろうと思います。それも段々エスカレートして行って、通り過ぎるのでは無くそこういう靴やちゃんの付近で、びっこ、びっこなどとても酷い部分ばかり言い続けたのです。随時オジサンが本当に頭に来たのでしょう、車椅子から起きる出方を見せましたが、どうせ追っかけて欠けるだろう、ぐらいのメンタリティでした、今はもう亡くなっているでしょうが、今でも私の心はお詫び居残るのみです。

続きを読む

面倒やつをからかうという仕打ちは人として陳腐

まだ昔の実態、近くに今にも壊れそうな家で靴やさんを通していたオジサンが居たのですが、見るからにビンボーですなと感じる家で、芝居ときの中にも靴が4,5仕事場しかなく、良くやっていけるなと想う業者でした。ママが亡くなった後はお姉ちゃんがすべてやっていた様に覚えています。今日思えばそちらのオジサンは車椅子で足が悪かったのでしょう、あたしが友人と外部で遊んでいる時は必ず、そちらの先ほどを通りました、何者からというラクラク、そのマンションの先ほどでやれびっことかビンボーとか大声を出しながら消えるのでした。昔、今日思えば本当に悪いとは思っていなくて何でこんな事をしていたんだろうと思います。それも段々エスカレートして行って、すり抜けるのでは無くそこういう靴やさんの近所で、びっこ、びっこなどとても酷い実態ばかり言い続けたのです。随時オジサンが本当に頭に来たのでしょう、車椅子から起きる動向を見せましたが、どうせ追っかけて欠けるだろう、ぐらいの心掛けでした、今はもう亡くなっているでしょうが、今でも私の心は陳謝あるのみです。

続きを読む

▲ページトップに戻る